ライブハウス 映画村 テレビ局 オープンカフェ ホームページビレッジ 暮らしの便利帳 トップページ
新聞社 病院 ステーション オススメ商店街 町役場
スペシャルコラム
黒田 長美
[宮中参賀のこと]
石上 申八郎
[韓日ワールドカップを十倍楽しむ方法(保存版)]
小山 觀翁
[年間150万人が利用する歌舞伎イヤホンガイド]
三科 保
[犬猫のことを習わなかった獣医]
連載コラム
吉田 公平
[生きること・学ぶこと]
斉藤 正彦
[心と身体の老年学]
住友ファミリー
[植木屋さんの歳事記]
瀬川 昌昭編
[糸川英夫の日本の未来への警告]
時事リンク

「新聞社」は、新聞出身の仲間がおりませんので当面コラム欄とリンク集としました。
新聞関係ジャーナリストの方でご協力いただける方、ぜひ庶務課へご連絡ください。

庶務課へ!

 



生きること・学ぶこと
文:吉田公平

第三十回

「ウサギとカメ(2)」


もしもし亀よ亀さんよ。
世界のうちでお前ほど
歩みののろい者はない。
どうしてそんなにのろいのか。
なんとおっしゃる兎さん。
それならお前と駆け比べ。
向こうのお山の麓まで。
どちらが先に駆け着くか。

しかし、この寓話はもう少し我々に考えさせるものがある。

勝ち負けの意識が時勢の力によって仕掛けられること。
「何かに対して負けたくない」等というのは、決して本能的なものなどではなく、仕掛け人が自分たちの目標を達成するために、そのように思いこませることであるということを物語る。

その仕掛けは弱者に集注する。土砂降りのように浴びせられ、それが繰り返されると、みながそのように思いこみ、共通感覚となる。
理性にではなく感覚に訴える。映像を媒介すると一層強烈になる。

人はなぜ勝とうとするのか。或いは贔屓のチームが勝つように夢中に応援するのか。
そのこと自体の善し悪しが問題なのではなく、皆がそこに流れていく、或いは流されてしまうことが恐ろしい。

ウサギさんとカメさんの競争の場合でも、途中で競争の無意味さに先に気がついたのはウサギさんかも知れない。
どうせ勝つに決まっているゲームには熱が入らない。
カメさんに負けたからとしても、観客のいないゲームだから、そもそも実力が段違いのウサギさんには、何の痛痒も感じない。

強者の居直りが途中で棄権させたのか。不得意なゲームを提案して、引っ込みがつかなくなり、仕方なく努力したカメさん。

日本の置かれた状況を象徴するのかも知れない。
しかし、この話をウサギさんに焦点を合わせてみると、新しい世界が見えてくるかも知れない。



前へ次へ

バックナンバー


ライブハウス映画村テレビ局オープンカフェホームページビレッジ暮らしの便利帳TOP
新聞社病院ステーションおすすめ商店街町役場
Copyright All Rights Reserved. elifestreet.com
イーライフストリートはNPO法人千日倶楽部により運営されています
ロゴ