ライブハウス 映画村 テレビ局 オープンカフェ ホームページビレッジ 暮らしの便利帳 トップページ
新聞社 病院 ステーション オススメ商店街 町役場
スペシャルコラム
黒田 長美
[宮中参賀のこと]
石上 申八郎
[韓日ワールドカップを十倍楽しむ方法(保存版)]
小山 觀翁
[年間150万人が利用する歌舞伎イヤホンガイド]
三科 保
[犬猫のことを習わなかった獣医]
連載コラム
吉田 公平
[生きること・学ぶこと]
斉藤 正彦
[心と身体の老年学]
住友ファミリー
[植木屋さんの歳事記]
瀬川 昌昭編
[糸川英夫の日本の未来への警告]
時事リンク

「新聞社」は、新聞出身の仲間がおりませんので当面コラム欄とリンク集としました。
新聞関係ジャーナリストの方でご協力いただける方、ぜひ庶務課へご連絡ください。

庶務課へ!

 



生きること・学ぶこと
文:吉田公平

第二十一回

「見て聞いて歌う」


もと見るとは目で見ることであったから、さえぎる物があったら、その向こうは見えなかった。

もと聞くとは耳で聞くことであったから、音が届かない遠くに居たら、聞くことはできなかった。

もと歌うとは自前の音感を頼りにしたから、誰もが作曲家であった。


当節、いま、そこに、いないひとの姿を見、声を聞き、メロディーを繰り返し歌う。時空の制約が無くなった分、いつまでも侵略される。

それはことさら努力しなくとも容易に受容できるし、とにかく楽しい。機器の発達は産業社会を激変させているが、私生活をも大きく変えた。便利さをもたらしたことは疑問の余地はない。

しかし、気になることがある。

今は、「読んで・考えて・書く」という文化が衰退していないか。

たしかに「見て・聞いて・歌う」文化が人に喜びをもたらしている。

「読んで・考えて・書く」文化は、いま、ここで起こっている現象を超えて、歴史的由来や本質的な意味を考えさせ、その理解を明晰にさせる。

「見て・聞いて・歌う」文化が横行し、「読んで・考えて・書く」文化がわきに押しやられると、一個人としての生きる力、ひいては社会の総合力が弱くなりはしないか。

いまは便利さと利益を求めて狂奔している。その代償はあまりにも大きい。

機器の進歩は人間の退歩を促す。その典型であろうか。



前へ次へ

バックナンバー


ライブハウス映画村テレビ局オープンカフェホームページビレッジ暮らしの便利帳TOP
新聞社病院ステーションおすすめ商店街町役場
Copyright All Rights Reserved. elifestreet.com
イーライフストリートはNPO法人千日倶楽部により運営されています
ロゴ