ライブハウス 映画村 テレビ局 オープンカフェ ホームページビレッジ 暮らしの便利帳 トップページ
新聞社 病院 ステーション オススメ商店街 町役場
スペシャルコラム
黒田 長美
[宮中参賀のこと]
石上 申八郎
[韓日ワールドカップを十倍楽しむ方法(保存版)]
小山 觀翁
[年間150万人が利用する歌舞伎イヤホンガイド]
三科 保
[犬猫のことを習わなかった獣医]
連載コラム
吉田 公平
[生きること・学ぶこと]
斉藤 正彦
[心と身体の老年学]
住友ファミリー
[植木屋さんの歳事記]
瀬川 昌昭編
[糸川英夫の日本の未来への警告]
時事リンク

「新聞社」は、新聞出身の仲間がおりませんので当面コラム欄とリンク集としました。
新聞関係ジャーナリストの方でご協力いただける方、ぜひ庶務課へご連絡ください。

庶務課へ!

 





生きること・学ぶこと

文:吉田公平

第十五回

「何故という問い−大学一」


幼児が言葉をおぼえはじめると、「なぜ・どうしてなの」と連発して、親を困らせるということがる。

智慧がつく年頃のことである。
知恵が付くと言うことは疑問を抱くと言うことである。
このうぶな心を失うと疑うことを怠れてしまう。

人は誰もが森羅万象について疑問を抱いたのに、賢しらな智慧が付いて、取り敢えずの疑問が解けてしまうと、安心してしまい、目先の利益に魅惑されて、問うことを忘れてしまうもののようである。

この「なぜ・どうしてなの」ということを、意識的におこなうのが学問であり、それをかつては大学と言った。

だから、「なぜ・どうして」を連発していた幼児は、実は自覚せざる大学生であったのだ。

 


前へ次へ

バックナンバー


ライブハウス映画村テレビ局オープンカフェホームページビレッジ暮らしの便利帳TOP
新聞社病院ステーションおすすめ商店街町役場
Copyright All Rights Reserved. elifestreet.com
イーライフストリートはNPO法人千日倶楽部により運営されています
ロゴ