ライブハウス 映画村 テレビ局 オープンカフェ ホームページビレッジ 暮らしの便利帳 トップページ
新聞社 病院 ステーション オススメ商店街 町役場
スペシャルコラム
黒田 長美
[宮中参賀のこと]
石上 申八郎
[韓日ワールドカップを十倍楽しむ方法(保存版)]
小山 觀翁
[年間150万人が利用する歌舞伎イヤホンガイド]
三科 保
[犬猫のことを習わなかった獣医]
連載コラム
吉田 公平
[生きること・学ぶこと]
斉藤 正彦
[心と身体の老年学]
住友ファミリー
[植木屋さんの歳事記]
瀬川 昌昭編
[糸川英夫の日本の未来への警告]
時事リンク

「新聞社」は、新聞出身の仲間がおりませんので当面コラム欄とリンク集としました。
新聞関係ジャーナリストの方でご協力いただける方、ぜひ庶務課へご連絡ください。

庶務課へ!

 





生きること・学ぶこと

文:吉田公平

第十二回

「好悪という感性」


真実は我々の前に常にある。

しかし、それを我々は、習慣にさえぎられて、見切れていない。惰性にまかせて通念を安易に承認してしまいがちである。

一一疑っていたのでは円滑に生活できない。

しかし、生活の場で「あれ、おかしいぞ」と感じたときは、その感性を大事にした方がよい。その時は、自分でもよく考えて調べたりもし、他人にも自分の疑問を投げかけてみることだ。「ほんとにおかしいね」と同意してくれる人もおろう。

習慣を相対化するはたらきを、「無」の機能という。 相対化するとは自由になることでもある。
それを触発したのは感性であった。
それを「好悪」と言った。「好き嫌い」である。

習慣に溺れたままに「好き嫌い」にまかせるのはどうかと思うが、その好悪という感性習慣を相対化する契機にもなる。

 


前へ次へ

バックナンバー


ライブハウス映画村テレビ局オープンカフェホームページビレッジ暮らしの便利帳TOP
新聞社病院ステーションおすすめ商店街町役場
Copyright All Rights Reserved. elifestreet.com
イーライフストリートはNPO法人千日倶楽部により運営されています
ロゴ