ライブハウス 映画村 テレビ局 オープンカフェ ホームページビレッジ 暮らしの便利帳 トップページ
新聞社 病院 ステーション オススメ商店街 町役場
スペシャルコラム
黒田 長美
[宮中参賀のこと]
石上 申八郎
[韓日ワールドカップを十倍楽しむ方法(保存版)]
小山 觀翁
[年間150万人が利用する歌舞伎イヤホンガイド]
三科 保
[犬猫のことを習わなかった獣医]
連載コラム
吉田 公平
[生きること・学ぶこと]
斉藤 正彦
[心と身体の老年学]
住友ファミリー
[植木屋さんの歳事記]
瀬川 昌昭編
[糸川英夫の日本の未来への警告]
時事リンク

「新聞社」は、新聞出身の仲間がおりませんので当面コラム欄とリンク集としました。
新聞関係ジャーナリストの方でご協力いただける方、ぜひ庶務課へご連絡ください。

庶務課へ!

 





生きること・学ぶこと

文:吉田公平

第八回

「道と死」


死について孔子は次にようにもいう。
「朝、道(本当のこと)がわかったら、その日の晩に死んでもいい」(『論語』里仁篇)。

孔子は「死にたい」といっているのではない。道を求める気持ちがとても強かったことをいっているのである。「わからない」ことが人を不安の深淵に追い込むことを考えれば、この孔子の言葉は千金の重みを持っ。

「わかった」からといって、わかった当のその人が「わかった」そのことを担いきれるとか、解決できるとか、いうのではない。

しかし、生きていく上で肝心なことについてわからなければ、無知暗黒の中に投げ出されて徒生(無意味に生きる)するだけではないか。

なまじ、わかつてしまうと、そのことに立ち向かわないわけには行かない。一旦は立ち向かうものの、誰もがその重荷を担いきれるわけではない。だから、わからないほうがよい、教えない方が幸せだといって、愚民政策を積極的に推進した時代もあった。

しかし、例えば、行く先のわからない乗り物に乗せられて、幸せを実感する人がいるだろうか。
地獄行きの列車なら乗り換える準備の仕様もあろう。よしんば楽園行きの列車であったにしても、行き先がわからないままでは不安で仕方があるまい。

孔子は「わかりたい」と切に願いながら生き続けた。そして「道がわかった」としても、その道はいかに生きるかを問う道であったから、生きることとは問い続けることであった。

かつては戦争・飢餓・病気が三大死因であつた。今の日本は平和憲法を持ち、飽食になり、長寿を謳歌している。さらに、核家族化が進み、地縁・血縁の結びつきが希薄になり、親しい者の死を身近に経験する機会が少なくなった。それでいて事故死がすぐ側にある。

人の死が無機物のように扱われている。死を軽視する者は生をも軽視する。このかけがいのない生を愛おしむ心が育たない。


前へ次へ

バックナンバー


ライブハウス映画村テレビ局オープンカフェホームページビレッジ暮らしの便利帳TOP
新聞社病院ステーションおすすめ商店街町役場
Copyright All Rights Reserved. elifestreet.com
イーライフストリートはNPO法人千日倶楽部により運営されています
ロゴ