ライブハウス 映画村 テレビ局 オープンカフェ ホームページビレッジ 暮らしの便利帳 トップページ
新聞社 病院 ステーション オススメ商店街 町役場
瀬川昌久
Masahisa Segawa

Work
ジャズ評論家

ごあいさつ

瀬川昌久と仲間たち

ジャズカレンダー

今月のイベントから




 最近の世の中は景気が悪くてなんとなく不安な要素が多くなっていますが、逆にジャズを聴こう、ジャズを演奏して歌おうという人たちが私の廻りにずい分増えている感じがします。こんな世の中だからこそ、ジャズを聴いて楽しもう、ジャズの仲間に入ろう、ジャズボーカルを習って歌ってみようなどと、皆ジャズを通して元気を出そうと考えているようです。

 私はいま、神奈川県横浜市西区、東京大田区下丸子、江東区東大島の3ヶ所の文化センターで毎月ジャズコンサートを開いて区民の方々にジャズを提供するお手伝いをしていますが、どこも毎回ご夫婦そろって聴きに来て下さる年配の方々で満員の盛況です。中にはきっとお孫さんでしょう、かわいい小学生の手を引いて来られる方もあります。ディキシーランドジャズの定番「聖者の行進」が始まるとニューオルリーンズ土産の日傘を開いて、輪を作って行進したり踊ったりして愉快に楽しんで下さいます。

 多くの方々は、昔日劇や日比谷公会堂のジャズコンサート華やかなりし頃の熱烈なジャズファンだったに違いありません。若い人の中にもジャズがお洒落な音楽だと、カップルで聴きにくる若者が増えています。20代のジャズ歌手小林桂TOKUが出演すると、コンサート会場はお洒落な服装の若者でいっぱいになります。1950年代から60年代、ジョージ川口や日野皓正ら若いジャズマンが若者ファッションの代表者としても憧れの対象だった頃の風景を思い出が頭に浮かびます。ジョージ ガーシュインやコール ポーターの名前すら知らない若者たちが桂やTOKUの歌を聴いて、ジャズスタンダードの魅力を初めて感じ取っているようです。

 最近驚いたのはビッグバンドを演奏する学生が飛躍的に増えていることです。Jazz for kidsと題して、19才までの子供を対象としたジャズ講習会が夏の間開催され、2001年10月28日には子供のビッグバンドが3つも揃って発表コンサートを実施します。また首都圏の殆どの大学にはビッグバンド部がクラブ活動をしていますが、最近は入部者が激増して1年生だけで30人以上もの部員が練習に励んでいます。毎年8月初めに山野楽器店が主催する大学ビッグバンドコンテストには、今年は各地から50校の学生バンドが参加して、会場の日本青年館が早朝から入り切らないほどの盛況を呈していしました。先日は東京周辺の大学15校の1年生だけのバンドが集まって朝から晩までかかって「はまちっコンサート」(鰤に成長する前の子供魚の意味)を開き、新人同士の親睦と交流をはかりました。ビッグバンド部に入って、協調精神を学ぶ若者たちが増えていることに、私は日本の将来に大きな希望を感じて学生たちの真摯、闊達な演奏態度をみるたびに嬉しくなります。

この欄を通じて、皆さんにいろいろのコンサート情報をお伝えして、元気の出るジャズを聴いていただきたいと願っています。


ライブハウス映画村テレビ局オープンカフェホームページビレッジ暮らしの便利帳TOP
新聞社病院ステーションおすすめ商店街町役場
Copyright All Rights Reserved. elifestreet.com
イーライフストリートはNPO法人千日倶楽部により運営されています
ロゴ